ネットショップ

   { }

復活ノート

「ネットショップ」
最近はどなたもスマホがないと夜も日も明けないようで、時々電車に乗りますが、ほぼ全員がスマホをいじっています。
そう言う私も、電車の中で本を読むことはとんとなくなって、ネットのニュースを見てしまいます(ゲームは興味ありませんが、音楽はパソコンで聴きます。聴いては泣くのでスマホでは無理なのです)。
とにかく、スマホにはアプリがつきものです。私も、自称アプリ研究家として、何百というアプリを試してきました。
皆さんも、アプリに対しては一家言あるはずですから、えらそうなことは言いませんが、製作者はユーザーのことをよく考えているかどうかはすぐわかりますね(広告のオンパレードみたいなのがありますね。ほとんど無料ですから仕方ないかもしれませんが)。
これはすばらしいというのが10個近くありますが、今回は「wellnote」というアプリについて書きます。
これは、遠くにいる孫などの写真を見るアプリです。要するに家族のアルバムのようなものです。
横浜にいる長女が「まめ」で、幼稚園の年長との二人の孫娘の記録を毎日のように送ってくれるのです。
そして、アプリ研究家としては、アプリの設定をいじるのが大好きで、先日「wellnote」のプッシュ通信設定が表示されなくなりました。
それで、メールで「wellnote」のサポートチームに連絡を取りました。
すぐに、「アンドロイドの古いバージョンで最近そうなるようです。修復します。しばらくお待ちください」との返事がありました。
とりあえずはそつがない対応でしたが、さてどうなるか。骨董品のスマホですから、相手をしてくれるかどうか。
しかし、10日ほどたっていじっていましたら、直っていました。
私はすぐにお礼のメールを送りました。お得意の涙を流しながら。
サポートチームもすぐに返事をくれました。「大変迷惑をかけました。これからも『wellnote』をよろしくお願いします」
IT業者は世界が相手だと有頂天になって、一人のクレームなど無視しがちです。
その長女がネットショップをしたいと言っていますが、もともと商売が好きで、大手菓子メーカーの営業をしていました。
それで、育児をしながら何かできないかと考えて、「IT社長」にたどりついたようです。
「全国制覇」を目指して失敗した父親の遺伝子をもっていますので、長女が使っている「wellnote」のスタッフのように、目の前にいない客のことを常に頭にあるかどうか、まずここから教えましょう。